LINEスタンプ無料作成におすすめのフリーソフト・FireAlpacaをご紹介!

   




 

パソコンで絵を描いたり画像を加工するには、ソフトウェアが必要ですよね。

 

有料ソフトなら一番有名なのはphotoshop・Illustrator、フリーソフトと呼ばれる無料で利用できるものならGIMP、Inkscapeあたりが代表的です。

では、LINEスタンプの自作に最適なフリーソフトって何でしょうか?

 

最近では写真もスタンプ画像として使える様にはなりましたが、今回は「イラスト系」スタンプを作ることを趣旨として、おすすめのフリーソフトを1つご紹介します!

 

あわせて読みたい

ペンタブレット買うかを迷ったら読んで欲しい。初心者向け選び方

 

スポンサーリンク

LINEスタンプを無料で作る!

 

LINEスタンプ作成ソフトを選ぶ際に考えたい必要な機能

 

LINEスタンプ画像は最終的には、「LINEが指定したサイズ」「背景が透明なPNG画像」である必要があります。

そうなっていなくては申請が通りません。

なので、作成ソフトはペイントする機能と共に、「透過PNG画像」出力が出来るものにした方が便利です。

 

「FireAlpaca」ならこれ1つでOK

ペイント系のフリーソフトはたくさん種類があり、インターネットで調べていけばいろいろと”おすすめ”ツールが出てきます。

ちょっと迷ってしまいますが、私は実際に試してみた結果、「FireAlpaca」という無料ソフトをおすすめします。FireAlpacaはペイントはもちろん、「透過PNG画像」も簡単に出力する事ができます。

 

LINEスタンプ作成に必要なもの

 

FireAlpacaを使えば、あとはパソコンがあればスタンプを作成できます。

また下絵を紙に描いてデータを取り込みたい場合は、スキャナーも必要ですね(スキャナーが無い場合は携帯カメラで代用も一応可能だと思います)。
 

フリーソフト「FireAlpaca」の特徴

 

インストールして使うタイプ

 

FireAlpacaは、Windows、macの両方に対応しています。

そしてブラウザベースではなく、自分のパソコンにダウンロードしインストールして使用するソフトウェアです。ダウンロードはネット環境にもよりますが、割と一瞬で終わります。

 

無料なのに高機能・高品質

 

FireAlpacaは無料とは思えないくらいに、高機能で使い易いソフトです。

FireAlpacaを使う前は、正直「まぁ無料のソフトだから…」とあまり期待はしていませんでした。

でも使ってみてびっくり、なぜ無料なのか不思議なほどのクオリティでした。有料でも欲しいくらいです。

 

動作の軽さと操作性の良さ

 

こういう系のソフトは、使っていて動作が重くなってくると本当にストレスが溜まります。

パソコンのスペックが高ければたぶん全て問題ないのですが、皆がハイスペックPCを持っているわけではありません。

なので、ソフトそのものの「動作の軽さ」というのは実は、地味にすごくありがたい特徴なんです。

 

またFireAlpacaは、無料ソフトにありがちな”独特の”インターフェイスや操作性が少なく、操作性は直感的に使いこなせるよう設計されているので、少し慣れればほぼ迷うことなく使いこなせるようになります。

 

LINEスタンプ作成におすすめする3つの理由

 

理由その1:「LINEスタンプ」専用設定

 

FireAlpacaでは画像を新規作成する際、用紙サイズに「LINEスタンプ」の設定が用意されているのが嬉しいところ。

画像サイズの数値を手でいちいち入力する手間がなく、数クリックでLINE規定の画像サイズのキャンバスが用意できます。

 

これで画像サイズを間違って作成するという致命的ミスの可能性は無くなり、LINEスタンプ初心者にはやさしい設計となっています。

 

 理由その2:チュートリアルが充実

 

新しいソフトを使う時は、使い方を覚えるのが大変ですよね。

 

FireAlpacaには、「FireAlpaca学園」という公式のチュートリアルサイトが用意されています。

初心者~中級の使い方まで分かり易くまとまっているので、習得に苦労するなんてことはありません。

FireAlpacaを触るのが全く初めてでも、早い人なら数時間で使いこなせる様になります。

 

理由その3:Photoshop習得にもプラスに

 

FireAlpacaは、AdobeソフトならPhotoshopに近いペイント系ソフトです。

 

持っている機能はPhotoshopの半分も無いくらいかな思いますが、それでもイラストを描くにあたって、必要な機能はほとんど揃っているといっていいです。

FireAlpacaを使ってみて「これはいい!」と思った最たる理由は、Photoshopと操作性が似ている点でした。基本的なショートカットキーも同じです。

 

Photoshopを使えるならFireAlpacaは元から使い易いですし、また逆にFireAlpacaが使える様になれば、Photoshopの習得はかなり容易になると思います。

 

FireAlpacaを使う時のコツ2つ

 

ショートカットを2、3個覚えて使う

消しゴムを使ったり、ブラシサイズを変えたりするのにいちいちツールバーをクリックしに行く手間は、回数が重なると大変なんですよね。

FireAlpacaに限らず、パソコンで絵を描くときはショートカットを覚えるとすごく楽です

 

始めは覚えるがちょっと面倒かもしれませんが、たった数個覚えるだけでもその大きな恩恵を感じられると思います。

それに、覚えたものは世界でNo1の画像加工ソフト「Photoshop」にも使える一石二鳥な知識ですので、得はしても損することはありません。

 

FireAlpacaならではの便利おすすめ機能

 

最後に、初心者の方には最初少し理解が難しいかもしれませんが、イラストを描く時にぜひ使って欲しい便利機能をお教えします。

それは、「8bitレイヤー」です。これはFireAlpaca独自の機能で、色塗りの時に活躍する機能です。

これを使うことでデータ容量も軽く、後からいくらでも簡単に色替え修正が出来る扱いやすいデータになるので、ぜひ「FireAlpaca学園」で使い方を学んで利用してみてくださいね。

 

以上、ご参考になれば幸いです。素敵なLINEスタンプが作れますように!

 

 - ガジェット ,