もう一歩垢抜けたいCGクリエイターが読むべきオススメ書籍20冊

   




CGクリエイターのスキルに関係する書籍はたくさんあります。

CGスキルといえば3D関係、VFX、モーション、コンポジット、エフェクト、2Dデザインキャラクターデザイン…挙げればキリがありません。

 

今回は、人並みに仕事(または勉強)しているけど「なんか不安」「もう一段階レベルを上げたい!」と思っているクリエイターさん&クリエイターの卵さん向けに、私が「これ読んでみると良いかも!?」と思うオススメ本を20冊厳選しました。

 

スポンサーリンク

基礎力アップ系

デジタルアーティストが知っておくべき アートの原則

ディジタル画像処理 [改訂新版]

How to Design いちばん面白いデザインの教科書 単行本

3Dアーティストのための人体解剖学

配色&カラーデザイン ~プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック

イラストでわかる物理現象 CGエフェクトLab.

スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-

雑学系

やってはいけないCG制作

ハリウッドVFX業界就職の手引き

VR/AR医療の衝撃

 

お絵かき系

デジタルアーティストのためのスケッチガイド

スピードペインティングの極意

Photoshopで描くSF&ファンタジー

デジタルアーティストのためのスケッチ練習帳シリーズ

 

その他

映像系Photoshop

アニメーターズサバイバルキット

キャラクターアニメーション クラッシュコース!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

CGクリエイターはそれぞれ、何かしらのジャンルに特化しているのが普通ですので、今回は根本的な土台をビルドアップする様なイメージでオススメ書籍のラインナップを考えてみました。

ご参考になれば嬉しいです!

 

 - CG制作, CG制作リファレンス