デッサンは必要?クリエイターにはデッサンが意外と重要だった話

   




イラストなどの絵を描く人はもちろん、何の絵も描かないポジションの人でも、クリエイターにとってデッサンはすごく大事なスキルです。

全ての人に必須ではありませんが、少なくともあるに越したことはありません。

ひよこ編集長

CGクリエイターの私はかつて、「そんなの無くてもぜんぜん大丈夫!」というスタンスで堂々と仕事していましたが、今は少し考えが変わりました

アシスタント

やってみて初めて分かることってあるよね!

今回は、クリエイターにとってデッサンはなぜ大切なのか?解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

デッサンは誰でも上手になる

 

まず、デッサンは練習すればみんな上手くなることができ、デッサンに才能はいりません。

なのでこのスキルの習得は完全に、単純に、もう練習をやるかやらないかだけの問題となります。

 

もちろん相当に高いレベルで描きたいならある種の才能が必要でしょうが、しかしながら上位0.数%のものすごい天才たちを除いては、私は「努力」という名の才能が最強だと思います。

アシスタント

クリエイターは最低どのくらい上手だといいのかな?

ひよこ編集長

どこで何をするかにより要求されるレベルは違いますが、「デッサン的な考え方を知っている、身に付いている」ことが大切だと私は思います。

ひよこ編集長

難関美大卒の人もゴロゴロいるので、そうでない人は「上手さ」を基準にするのはまったく不毛な話です。

デッサンが出来るクリエイターにある「絵を見る力」

 

デッサンを勉強すると絵(画面)の見方が身に付くので、何か制作物を見た時の「気付き」がとても得やすくなります。

それは例えば背景やキャラクターやその他、画面の構成に変なところがあると違和感を感じやすく、どう修正すればより良くなるのかも次第に分かる様になってくるという事です。

 

デッサンを勉強する以前の私は、今から思えばあまりその辺が分らなかった為、仕事でも

ひよこ編集長

なんか直してって言われたけどなんでかよく分かんない…けどまぁ言われた通り直しとこー

…と、そんな場面がたくさんありました(苦笑。

 

クリエイターとしての自信と信頼がアップ!

 

デッサンスキルの無いクリエイターというのは、それが有るクリエイターのことをランク上に感じるものです。

なぜそう感じるかと言うと、「無い」よりは「有る」方が当然良いということが心の中で分かっているからです。

 

デッサンの練習は面倒かつかなり辛い作業ですが、それをやり遂げることで得られる自分への自信は結構半端ないです。

自分の仕事に自信を持って働いていると、周囲からの信頼もどんどん厚くなります。

ひよこ編集長

だからクリエイターがデッサンをやる意味は大いにあります!

まとめ

今回は、

・クリエイターがデッサンを学ぶことの意義

・デッサンは誰でも上手になれるスキルであること

についてお話しました。

 

私は「デッサンとか…。なくても仕事出来てるし大丈夫~」とヘラヘラしていた過去の自分にもしも会えるなら、絶対にこう教えます。

「デッサンできた方が絶対面白いよ!今すぐデッサン教室へゴー!!」と。

 

ひよこ編集長

ご参考になれば嬉しいです

アシスタント

じゃーまた!

 - お絵描き, デッサン