ワコムのペンタブ購入レビュー。なんだか創作意欲が湧いてきた

   




 

先日、ワコムのペンタブレット「Intuos Draw」を購入しました。

関連記事

もう迷わない!初心者向けワコム(wacom)ペンタブの選び方とおすすめ3つ

以前から欲しいなーと思いつつもしばらく購入を迷っていたのですが、届いてみたら予想以上にテンションが上がり嬉しかったので、今回は購入する時に調べたことやセットアップ手順、感想などをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

ワコムのペンタブレットを購入

 

どこで買うのがお得?

 

今回私が購入した「wacom Intuos Draw」は、ワコムの板タブの中で最も下位のモデルで、価格は定価で購入しても9180円(税込)と1万円を切る低価格です。

ただワコムストアなどで定価で購入するよりも、ネットショップや家電量販店の方が断然お得。

私が買った2017年11月時点では、ネットならamazonが一番でした。

家電量販店のネットショップなども、値引き+ポイントが付くのでお得はお得なのですが、ポイント分を換算してもamazonが僅かに勝ちでした。

 

頼んだその日の夜に来た。amazon早い…

amazonて本当に配送が早いですよね。

amazonに慣れてしまうと、たまーに楽天やyahooショッピングなどを使った時についつい「遅っ。」と思ってしまうくらいです。

たぶん、他が遅いんじゃなくamazonが早いんです。

 

私は割と都市部住まいなのでこれは地域差があることかもしれませんが、今回は朝に注文したペンタブが、夜来ました。

過去最速かもしれません。

 

開封の儀

 

amazonにありがちな、中身の割にちょっと大きい箱で来ました。

ペンタブこんな感じで入っています。 

内容物は…

・タブレットとペン

・USBケーブル

・説明書

・保証書

・ドライバインストール用のCD1枚

 

初期設定はあっけなく。ソフトとおまけもダウンロード

 

まずはセットアップから

 

最初に、付属の説明書を見ながらペンタブを使うための設定をしました。

といっても簡単で、

1)ペンタブレットに必要なドライバをPCにインストール

2)一度パソコンを再起動

3)あとはタブレットとパソコンをUSBケーブルで繋げるだけ

以上で作業完了。

所用時間は15分くらいでした。

 

付属のお絵描きソフト

 

「Intuos Draw」を購入すると、「ArtRage Lite」というペイントソフトが付いてきます。

ソフトは物理的に箱に同封されているわけではなく、専用ページからダウンロードします。

 

ワコム製品購入のおまけ

 

「Intuos Draw」にはその他、「印刷の通販 グラフィック」で使える2000円分のポイントクーポンが付いています。

個別の会員登録が必要ですが、スマホケースやバッジなど自分の作品を印刷したオリジナルグッズが作れるということで、ちょっと面白そうです。

登録の際に簡単なアンケートに答えると+500円のクーポンがもらえました。

 

ペンタブで何しよう。創作意欲が湧いてきた…けど!

 

とりあえずマウス代わりで試運転

 

とりあえずペンを持って、あちこちクリックしたりスクロールしてみたりと試運転。

マウスポインタの動きはスムーズで、感度は良好。

 

絶対にしておきたいある設定

 

ワコムペンタブの設定で、ひとつ必ずしておきたい設定があります。

それは「縦横比」の設定。

「ワコムタブレットのプロパティ」ウィンドウを開き、「マッピング」タブ内の「縦横比を保持」にチェックを入れます。

これで設定はOKです。

 

タブレットとディスプレイは必ずしも縦横の比率が同じではないため(タブレットが4:3でディスプレイがワイドだったり)、ここにチェックが入っていないと手では正円を描いているつもりなのに、ディスプレイでは円が横長に歪んでいるといったようなずれが生じてしまいます。

僅かなずれなのでそのうち脳が慣れて無意識に補正できてしまうでしょうが、今度はアナログで紙に手で描く時、歪むクセが付いてしまうので絵を描く人にとってはあまり良くないです。

「縦横比の保持」は必ずチェックしておきたいところです。

 

さらに違和感?こんな時はこうする!

 

ごく基本的な設定は終わりましたが、まだ…大きくマウスポインタを動かしたときにすごく違和感が。

ペンの動きの割にマウスポインタの動きが大き過ぎるんです。

気持ち悪いなーと思い調べたところ、原因はデュアルモニタでした。

 

私の作業環境では、たまにディスプレイを2つ使います。

ブログを書くときなど、使わない時は1つ電源を切ってあるのですが、線は繋がったままの為ペンタブがそれを感知していたんです。

つまり狭いペンタブの幅で、ディスプレイ2面分の幅を賄っていたわけです。

 

先ほどの「ワコムタブレットのプロパティ」ウィンドウ⇒「マッピング」タブ内で、「表示エリア」を1つのディスプレイだけに設定したら直りました。。

もし同じような環境の場合はそんなところにご注意を。

 

まとめ

 

ワコムのペンタブレット、これからガンガン使ってお絵描きしていきたいと思います!

関連記事>>ペンタブに慣れない?最速で慣れる方法

この記事がお役に立てば嬉しいです。

それでは、また!

 

 - ガジェット