マウスで簡単!手書き風イラストの描き方【FireAlpaca使用】

   




 

アナログと同じく、デジタルイラストの描き方もたくさん手法があります。

 

今回は、本ブログ・ひよこ編集長のイラストを例に、私のデジタルイラストの手法をちょっとご紹介したいなと思います。

ペンタブは使わず、マウスのみで描いています。

 

 

スポンサーリンク

簡単!手書き風イラストの描き方

 

線はアナログで描く

 

まずは、適当な白い紙に鉛筆で下絵を描きます

下絵ができたら、ペンで綺麗になぞり、鉛筆の線は消しゴムで消します。

「手書き風」と言いましたが、厳密に言うと「半・手描き」ですね。

ひよこ編集長

ちなみにペンは「STABILO」を愛用しています

 

スキャン

 

ペンで描いた線画ができたら、スキャナーでデータを取り込みます。

スキャナーが無ければ、スマホ撮影で代用することもできます。

多少歪みますが、なるべく正対して撮ればそんなに問題はないはずです。

 

デジタルで色塗り(FireAlpaca)

 

ここからがパソコンでの作業です。

全行程を1分半の動画にしてみました。(音が出ます)

 

使用ソフトは「FireAlpaca」

無料なのにとても高機能なペイントソフトで、個人的にとてもお気に入りです。

作業時間は17~8分でした。

 

手順としては、取り込んだラインを整える⇒ベースの色ぬり⇒影付けです。

私の場合、影は必ずしも付けるわけではないのですが、今回はかなりシンプルな絵なので、見た目が寂しくならないよう影を付けてみました。

 

まとめ・マウスだけで簡単に描ける方法もある

 

パソコンは基本、整った均一な線を描くのが得意です。

でも一方で、手描きのように良い感じの揺らぎのある線を描くのは不得意なので、パソコンで手書き風を演出するにはほんの少しだけ知識と技術がいります。

ひよこ編集長

人間が手で紙に描く時とは逆ですね

というわけで今回は、アナログとデジタルの得意なところをうまく使った描き方をご紹介しました。

ご参考になれば幸いです。

 

あわせて読みたい

ペンタブレット買うかを迷ったら読んで欲しい。初心者向け選び方

 

 - お絵描き, イラスト