ドコモiphone6ユーザーの私がmineo(マイネオ)を選んだ理由

   




 

「格安スマホにしたい…」と思いつつ、なんか倒臭くていろいろあって先延ばしにしているという方も多いのではないでしょうか?

 

月額料金は魅力ですが、今までの大手携帯電話会社と違って乗換え方は難しそうだし、どの会社を選べばいいのかもよく分からないですよね。

 

そこで今回は、ドコモのiphone6を使っていて機種の変更はせずそのまま使いたい人向けに、おすすめのMVNO(=格安SIMを提供する会社)と乗換えの手順を解説いたします!

 

スポンサーリンク

ドコモiphoneから格安スマホへ

 

格安スマホへの乗換え手順!

 

格安スマホに必要なのは、「SIM」と「端末」(※SIM…携帯番号が登録されたICカードのこと)。

格安スマホに乗り換える際には、「端末+SIM」が必要なのか、「SIMのみ」が必要なのかがまず最初の選択肢です。

今回は、手元のiphone6の端末をそのまま継続使用することを前提に話を進めるので、SIMだけが必要ということになります。全体の大まかな手順としては、

 

ドコモを解約(MNP転出) → SIMを入手 → スマホにSIMを挿してAPN設定(SIMをスマホに認識させる設定)する

 

で、乗換え完了となります。

 

NMP予約番号の取得

 

MNP(ナンバーポータビリティ)を利用すれば、携帯会社を変えても電話番号はそのまま。変わらなくて済みます。

ドコモの場合、MNP転出にかかる手数料は2000円

 

手続きすれば「MNP予約番号」というものが発行され、この番号を使って他会社への乗り換えを済ませたらその時点で自動的にドコモは解約となります。

ただMNPが必要ない場合は、普通に解約するだけでOKです。

 

注意点:iphoneに合うSIMのサイズ

 

SIMの種類は3種類、そしてサイズも3種類あります。

 

SIMの種類

※SMS…電話番号でテキストメッセージが送受信できるサービス

 

SIMのサイズmini(ミニ)、micro(マイクロ)、nano(ナノ)の3種類。

 

サイズに関しては、端末によってSIMスロット(SIMカードを挿し込む部分)の大きさが違うので、自分の端末に合うサイズのSIMが必要です。

対応サイズはネットで簡単に調べることができます。

もしも間違ったサイズを購入してしまった場合、後から変更も可能ですが、その場合はどの会社もおよそ2~3000円程度の手数料がかかるので、ぜひ間違わない様ご注意を。

 

iphoneの場合、iphone5以降はnanoSIMに対応しているので、今回の「iphone6」ならSIMサイズは「nano」。種類は、スマホの乗換えが目的なので当然音声通話対応SIMということになります。

 

MVNO(格安SIMを提供する会社)を選ぶ基準

 

基準1:利用回線

 

今やMVNOの数は500社以上。SIMカードを入手する際、どの会社を選べばいいのか??そこが最大のお悩みポイントですね。

 

選ぶべき会社の選択肢を絞る条件としてはまず、「利用回線」を考えます

MVNOは基本的に「ドコモ系」「au系」など、大手キャリアのいずれかの回線を借りて通信しており、独自の通信網を持っているわけではありません。

なので、ドコモユーザーならドコモ回線を利用した会社、auユーザーならau系回線のMVNOを選ぶと、乗換えの手間が一番かからないというわけです。

 

基準2:サポート体制

 

次に、格安スマホを利用する際に心配なことの1つはサポートです。

 

格安スマホが普及し始めた頃は、「実店舗がない(少ない)」「コールセンターに繋がりにくい」など、困った時のサポートが手薄な点が格安スマホのデメリットとしてよく言われていました。

最近はあまり聞かないですが(個人的に)、しかしながらやはり、リスクを減らす意味でもなるべくサポートや運営がしっかりしていそうな会社を選びたいろころです。

 

検討したMVNOと最終結果

 

というわけで、今回の選択基準をまとめると2つ。

 

  • ドコモのスマホが使える(ドコモ回線を利用している)会社
  • 母体が大きい会社、または知名度があって顧客満足度の高い会社

 

そうなってくると、リストに上がってきたのは

「楽天モバイル」
「イオンモバイル」
「LINEモバイル」
「mineo」

の4つでした。CMなどで有名な「UQモバイル」も検討しようかと思いましたが、残念ながらUQは利用回線がau系でした。

 

どこが自分にとってベストかと検討した結果、私は最終的に「mineo (マイネオ)」を選択することに。以下にその理由をまとめました。

 

mineoを選んだ理由!

 

キャンペーンがお得すぎる

 

私は大手キャリアからの乗換えだったので、月々の利用料金が大幅に下がる喜びが大きすぎて正直、MVNO各社の料金プランの僅かな違いは全く気にならず、そこは判断基準にならなかったです。

 

でも、そんな時に一社だけ料金面で群を抜いていたのがmineoのキャンペーン。

音声通話対応SIMの新規契約なら、1年間の月額基本料金が900円引きでした。ただでさえ安いのに、です。

ドコモ回線の場合だと最安で月額500円からスマホが持ててしまいます。(mineo Dプラン デュアルタイプ 500MB

 

これまでドコモの月額料金を払っていた自分ににはショックすぎる安さでした…

大・大盤振る舞い12カ月900円割引キャンペーンの詳細(提供条件等)
【お申し込み期間】
2017年9月1日(金)~2017年11月9日(木)
【特典内容】
月額基本料金から、シングルタイプ3GBコース月額基本料金相当額(900円)を、
ご利用開始翌月から12カ月割引いたします。
【適用条件】
お申し込み期間中にmineo通信サービスをデュアルタイプで新たにお申し込みされた方。

 

mineoの特徴、料金プラン

 

MVNOは基本ドコモ・au・ソフトバンクいずれかの大手キャリアの回線を利用しているので、格安スマホに乗換えの際には自分が元々使っていた携帯キャリアの回線を利用している会社を選ぶ必要があります。

(※回線の乗換えも可能ですが、SIMロック解除などの手間と手数料が必要です)

 

mineoの場合、最もメジャーなドコモ・au回線の両方を利用可能なのが特徴的です。

ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

 

mineo「データ通信+音声通話」プランの月額基本料金(ドコモ回線)※2017年9月時点

mineoの月額料金は、au回線とドコモ回線で若干異なります。(auの方が月々数十円くらい安い)

 

上述のキャンペーンがなければ、月額料金的には他社と比較しても大きな差はなく、ごく平均的な設定ですね。

 

 

デメリットと気を付ける点

 

mineoに限らず、まず契約前に確認しておきたいのが、「もし解約しようと思ったらいくらお金がかかるか?」という点。

最低利用期間などがあれば、その期間内に解約するとばかにならない金額の違約金が発生することもあるので、必ず事前に確認しておきたいところです。

 

mineoの場合は、最低利用期間がありません。嬉しいです。

ただし、利用開始から1年以内のMNP転出には手数料が12420円かかり、少し高いのでその点はご注意。(1年を過ぎていれば2160円でMNP転出が可能)

 

まとめ

 

今回は、ドコモiphone6から格安スマホへの乗換えについて、そして今がおすすめのMVNO「mineo」をご紹介しました。

わからない…面倒くさい…そんな理由で乗換えを迷っておられる方のご参考になれば幸いです。

 

 

 - ガジェット ,