CGクリエイターの私が好きな/気になる人物まとめ

   




 

どんな業界にも、その業界全体を牽引するようなすごい人々がいます。

CG関連業界にもそんなカリスマ的な人々がいて、世界レベルで有名な各種アーティストがいて、日々業界をリードしています。

 

今回はこのブログで過去に紹介した、CGクリエイターの私が好きな人物や気になる人の記事まとめです。

記事にしていないけど好きなアーティストも、入れてみました。

 

スポンサーリンク

職業柄とても尊敬している人物

 

ピーダーノービー(Peder Norrby)

 

コンポジットに欠かせない有名ソフト、Adobe After Effectsのプラグイン(trapcode)を作っている人。

スウェーデン人で、名前はピーターじゃなく「ピーダー」です。

trapcodeプラグインは世界中のクリエイターやアーティストが使う、誰でも知っている有名な製品

…にも関わらず、実はその制作を担っているのは、ノービー氏たった1人、スウェーデンの自宅の小さなデスクの上で作っているという驚き!

シンプルにすごいです。かっこよすぎです。

 

ピーダー・ノービー(Peder Norrby)を知ってる?

 

アンドリュー・クレイマー(Andrew Kramer)

 

After Effectsの優れたチュートリアルを提供するWEBサイトvideo copilotの創設者。

近年はプラグインの提供も始めていて、trapcodeに並ぶ勢いでスタンダードになりつつあります。

世の中にAfter Effectsのチュートリアルはたくさんあるものの、アンドリュー・クレイマーのチュートリアルは群を抜いた最高のクオリティで、私は本気でいつもお世話になっています。

 

優れたモーショングラフィックス・VFXアーティストになるには?アンドリュークレイマーが教えてくれたこと

 

クリス・カニンガム(Chris Cunningham)

 

PVやCMを主なフィールドに活動しているイギリス人映像作家です。

カニンガムを表す言葉として、よく「天才」とか「鬼才」、またはその作風から「カルト的」などと言われることが多いようです。

私が昔から特に好きなのは、ビョーク「All Is Full of Love」のPV。

ずいぶん昔の作品ですが、いまだ色あせない圧倒的な世界観があります。

 

 

 

なんだか気になる人物

 

クエイ兄弟

 

東欧系の独特な雰囲気のアニメを制作している、アメリカ出身の兄弟アーティスト。

特別クエイ兄弟が…というよりは、チェコアニメの巨匠ヤン・シュヴァンクマイエルとか、イジー・トルンカとか、あの独特なストップモーションアニメの動向はいつも気になる存在。

クエイ兄弟の代表作品は?巡回展「ファントム・ミュージアム」が開催中!

 

ザック・キング

 

映像の魔術師とも呼ばれ、ネット周りで有名なトリック動画を作っている人。

まず技術がすごいし、本人はすごく楽しそうだしで、この人クリエイティブだなぁ~と感心と尊敬が入り混じる。

 

ドン・ホンオアイ

 

すごく風流な写真作品を撮る、中国人写真家。

日本での知名度は低いものの、その作品は日本人的に一見の価値ありだなと思うと共に、個人的にそんなに有名じゃないのが不思議なくらい素敵です。

ドン・ホンオアイ まるで山水画の様な美しく風流な風景写真たち

 

 

 - CG制作, CG制作リファレンス