デッサン初心者のパース基本・パース面を均等に分割する方法編

   




今回は、建物の窓や部屋の壁にかかった額など、パースのかかった面に物体を描き入れる際に役立つパース面の均等分割の方法を解説したいと思います。

パース(透視図法)そのものの解説はこちらをどうぞ。

 

スポンサーリンク

パース面の均等な分割法を知る意義

建物のデッサンをするとき、上画像の赤線で囲ったような外壁部分は、いわゆる「パースのかかった平面」です。

そして柱らしきものを区切りに、この平面を縦3つのセクションに分けると、出来あがる3つの長方形はおそらく同じ大きさです。(少なくともここではその様に仮定します)

この場合に、この平面の正確な均等分割の方法を知っていれば、建物のパーツを正確に描けて写実的なデッサンにとても役立ちます

ひよこ編集長

それでは以下、具体的な方法を見ていきましょう

均等に2分割する方法

パース面の二等分はとても簡単です。

上画像のように平面の対角線が交わる点(中心点)を通る、平面の辺と平行なラインが二等分の分割線です。

画像は縦分割ですが、もちろん上下の分割なら横に引いたラインがそれになります。

ひよこ編集長

シンプルですね

均等に3分割する方法

次に均等な3分割には、先ほど導き出した二等分の分割線を利用します。

上画像の様に、三等分の線を求めたい面の対角線(青の点線)と、二等分した片面の対角線(赤の点線)が交わる点を通る、辺に平行なラインが均等な三等分の分割線です。

もう片方も、以下の通り同じ様に求められます。

この2本の赤い実線が、平面を均等に3分割する線です。

 

まとめ&おすすめ書籍

この記事では、パースがかかった平面を均等に二分割・三分割する方法について解説しました。

”絵を描く”というより小学校の勉強みたいですが、デッサン初心者を脱出する頃には、こういった事をあまり意識せずとも自然に出来る様になっていると思います。

この記事がお役に立てば嬉しいです。

それでは、また。

 

 - お絵描き, デッサン