探偵になるには?専門学校ってどう?元探偵見習いが語る、探偵のお仕事

   




 

普通に生活していると、本物の探偵に関わることってあまりありませんよね。

日常探偵について知る機会があるとしたら、最も多いのはドラマや小説・映画の中かと思います。

 

でも「探偵」って、なんか格好いいですし、憧れませんか?

 

私は学生時代、そんな憧れから、都内の小さな探偵事務所で見習いとしてアルバイトをさせていただいてました。

結局は探偵にはならず、まったく別の職に就いたのですが。

というわけで今回は、そんな元・探偵見習いとして、探偵のお仕事や、近年増えている探偵学校について少しお話してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

探偵になるにはどんな方法があるか

 

関連する職業から転職する

 

探偵は何と言ってもちょっと特殊な職業ですので、大学(高校)を出て新卒で就職…というのはあまり聞きません。

 

警察関係や警備会社などなど、関連する分野での勤務経験を経て転職し、そのスキルや人脈を活かして仕事する、というのが最も手堅く王道かなと思います。

 

 

探偵の専門学校に行く

 

そして最近増えているのが、探偵を養成する専門学校です。

その多くは、大手の探偵社などがサイドビジネス的に運営しています。

学習内容などクオリティ面はきちんと吟味する必要がありますが、これまで実地で経験を積んでいくのみだった探偵スキルが体系的に学べるということで、探偵になるための間口はずいぶん広がったように思います。

 

探偵事務所に直接就職する

 

3つ目の方法は、そのまま直接会社に就職してしまうという手もあります。

言わば探偵になるには、必ずしも免許も学校を出ている必要も無いからです。(※探偵業をするための事業届出は要ります)

昔ながらの、現場で経験を積んでいくスタイルですね。

 

 

探偵の仕事内容、求人

 

浮気調査の割合は高い

 

探偵というと、イメージでは何か事件を華麗に解決することもありそうですが、それはまずありません。

警察と探偵が共に行動するのはマンガの世界のみで、犯罪の捜査は警察の専売特許です。

 

リアルな探偵のお仕事は、その多くが「浮気調査」

男と女のドロドロしたところをお調べするのが、主要な収入源になっています。

 

私は小さな探偵社で働いていましたが、実際、依頼の8割は個人の浮気調査でした。

他の探偵社も、おそらく多くの事務所がそんな割合ではないかと思います。

 

 

探偵事務所の求人

 

探偵になるためには最終、起業か就職をするわけですが、探偵の求人って見た事があるでしょうか?

 

「探偵募集!」と書いた求人はありませんが、実は都市部なら「探偵社」の求人は調べると意外とあります

内容は調査員の募集だったり、また探偵社も全員が探偵ではなく普通の事務員や経理係もいますので、その辺りの人員募集です。

 

少し回り道になるかもしれませんが、きっかけとしてそこから業界に潜り込んでいくのは有りだと私は思います。

 

探偵は何歳でもなれる?

 

おそらく探偵になるのに適した年齢などはなく、10代でも60代でもなれます。

ただもちろん、ずぶの素人で業界に入るとなると高齢になるほど採用の面で厳しいということはあります。

 

でも根本的には、探偵業は様々な場所・場面に馴染んでいく必要のある仕事ですので、老若男女いろんなタイプの人間がいて良い職場です。

事務所のみんながみんな、警察OBとか眼光の鋭いおじさんばかりだと、ちょっと受ける仕事の幅が狭まってしまいますよね。(もちろん、優しい顔をした警察の方もいっぱいいますよ!汗)

 

実際に私が勤めていた小さな探偵社も、若いお兄さんお姉さんから、サラリーマン風中年男性、ちょっとコワモテ風の人、主婦っぽい中年女性などなど…いろんなタイプの人間が働いていました。

屈託のない普通の外見のおばちゃんが、実はめちゃくちゃ優秀なベテラン潜入員だったりするので、その辺だけはドラマみたいで興奮しました。

 

現実に探偵になることのリアル

 

上記「現実」と「リアル」が被っていますが…超リアルなところについて言及したいと思います。

それは「反社会的勢力」や「法」についてです。

 

探偵の仕事は、その多くが他人の知られたくない秘密を掘り起こす仕事ですし、立場にもよりますが人の裏の顔やドロドロに触れるのも日常です。

 

法的には、勝手に他人を尾行して身辺を調べあげることは違法ではなくとも、あまり良いことではありませんし、他人の権利利益を侵害しないよう常に配慮が必要です。

また方法によっては、時に意図せず法律スレスレになってしまう事もあり得るかもしれません。(もちろん絶対にラインを超えてはいけませんが)

反社会的勢力との何らかの接触が生じる可能性も、普通の一般社会よりは高いです。

 

なんというか、そんな泥臭いところもある職業ですので、就職する際は就職先や、自分の仕事内容には人一倍、気を払いたいですね。

…というお話でした^^

 

探偵専門学校はどんな感じなのか

 

探偵学校は増えている

 

探偵を養成する専門学校は、2010年頃から徐々に増えており、今やたくさんの学校があります。

その多くは探偵社や興信所が1社で運営しているものですが、その他には複数社の出資によるものや、フランチャイズまであるようです。

 

増加の理由として、運営側には本業以外の収入源として金銭的なメリットがあるほか、成績優秀者は自社に直接ヘッドハンティングできますし、生徒サイドとしても特殊な専門スキルが学べる上に起業・就業のチャンスも増えるので、基本的にはWINWINな関係ができているからだと思います。

 

大体の費用と場所

 

学費は数万円~100万円を超えるものまで、学校やコースによりけりです。

 

学校の立地は主に、首都圏・大阪・福岡など主要都市に多いです。

また都市部以外の希望者のために、通信教育のコースを設けているいる学校もあります。

その他、探せばある程度の規模の都市なら、少ないですが学校はあります。

 

 

探偵になれるまでの学習期間は?

 

期間は体験的なもので数週間、本格的なものでも概ね2、3ヵ月程度で修了できるようなカリキュラムが一般的なようです。(私個人調べです)

 

そして学習スタイルとしては、決まった期間の決まった日時で授業するものと、フレキシブルに都合の良い時間を選べるスタイルの学校がありました。

 

例えば、探偵学校の大手のひとつ「HAL探偵学校」の場合、授業は空いた時間に1コマだけ取るとか、休日にまとめて数コマ取る…といったことが出来て、完全に生徒のスケジュールに合わせる学習スタイルを採用しています。

 

探偵学校の生徒層は、若者からシニアまでととても広いので、そういう個人に合わせた授業の取り方が出来るのは強いかもしれません。

 

まとめ

 

「探偵になりたいな!」と思ったあの頃…私は結局、見習いをして実際に体験してみて「やっぱり違うかも…」となり、別の職業に就きました。

あまり知識も無く、本当に憧れだけで飛び込んだので当然かもしれません。

 

でもすごくいい思い出だし、今では人に話すとかなり食いつきの良い、キラー体験談のひとつになっています。笑

 

これから目指す方や興味のある方に、ほんの少しでもご参考になれば幸いです!

 

 

 - ライフ