ヨシダナギ「クレイジージャーニー」でお馴染みの美人写真家 タトゥー・修正なし写真とは

   




 

アフリカの少数民族をモチーフに、目の覚める様な色鮮やかでかっこいい写真を撮る写真家・ヨシダナギさん。

 

MBS毎日放送の人気深夜番組「クレイジージャーニー」に登場したことで一躍知名度をアップさせ、今や日本だけでなく現地アフリカでも知名度の高い人気写真家なのだそうです。

 

本記事では、そんなヨシダナギさんとは一体どんな人物なのか?プロフィールから彼女にまつわるエピソード・噂についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

 ヨシダナギプロフィールと人気の理由

 

プロフィール

 

・吉田凪(ヨシダナギ)

・1986年7月6日生まれ、年齢31歳(※2017年5月現在)

・東京都出身

・学歴は非公表(中卒とも言われている)

・未婚

・好きなタイプは蝶野正洋(プロレスラー)

 

中学時代はイジメにあい、不登校や自傷行為をするなど大変な青春時代を過ごされたそうです。

そしてネット上のプロフィール写真ををきっかけにグラビアアイドルにスカウトされ、芸能活動の後、独学で写真の撮影技術を学び、23歳でアフリカへと初渡航を果たします。

 

人気の理由は?

 

ヨシダナギさんの撮影スタイルは非常に独特で、アフリカ現地で撮影する際は服を脱いで原住民と同じ恰好をし被写体とのコミュニケーションを取ります。

彼女が注目を浴びる理由のひとつには、その作品の魅力に加え、ある意味そんなワイルドな振舞いがご本人の美貌とのギャップを作っており、それが非常に関心を惹くという部分もあるようです。

 

しかし、世界で他の誰もやっていないスタイルで撮影を行うアフリカ少数民族専門の女性写真家・ヨシダナギさんが「キワモノ」的な扱いとはならないのは、間違いなくその作品の素晴らしさや独自性が群を抜いているからだと思います。

彼女の作品には、誰もが一目で分かる審美的な美しさがあり、そして私たちが生”ヨシダナギ”を通してしか見る事のできない様な景色を見せてくれます。

 

スリーサイズ、身長、タトゥーについて

 

ヨシダさんのスリーサイズは

 

過去、グラビアアイドルとしても活動していたヨシダナギさんですが、彼女のスリーサイズは残念ながら非公表

ちなみにバストサイズについては、ネット上ではBカップだと予想されています。個人的には、画像やテレビ番組を見る限りCカップが妥当ではないかなーと思います。

 

身長について

 

また身長については、これも公表はされていません。

有名人と並んで写っている写真などで確認すると、おそらくは162、3cm程度かと思われます。

 

タトゥーについて

 

次に、ヨシダナギさんといえば左肩に大きくタトゥーが入っているのが印象的です。

このタトゥーは、いわゆる日本文化における反社会的な意味合いはまったく無く、その絵柄もトライバルのワンポイントであることからアフリカの民族文化の影響であると思われます。

 

「加工・修正なし写真(画像)」とは?

 

ネット上では、ヨシダナギさんの名前と共に「修正なし写真(画像)」といったワードが散見されますが、この検索が意味するところは以下の2つあるかと思います。

 

・ヨシダナギさんが現地人の恰好をしている時(つまり半裸の状態)の写真で、胸などを隠す画像修正が施されていないものを探している

→ヨシダナギさんの現地での姿の写真は必ず大事な部分が見えないような加工が施されており、修正なし画像は徹底して出回っていません。「現地人はそのまま出してるのに?それは変だ!」という声も聞こえてきそうではありますが、そういった加工を施すことについては、どうもヨシダナギさんの意向というより法的・倫理的な規制やマネジメント側の意向が色濃いと言われています。

 

・ヨシダナギさんの作品について、レタッチ前の物を見たい

→彼女の作品はハイコントラストで色鮮やか、くっきりとした質感が特徴であり、それはおそらく撮影後にそれなりのレタッチ(加工)を行っていることを意味します。なので撮影したままの生写真がどんなものなのか、どの様な加工技術を施しているのかを検索しているのではないかと思われます。

 

まとめ

 

行動だけを見ているとなんとなく、豪快で怖い物知らずなイメージを持ってしまうヨシダナギさんだが、実は性格はシャイなのだそう。

 

「裸」と「美人」、「シャイ」と「ワイルド」、ギャップの凄すぎるヨシダナギさんという人物とは一体何者なのか…凡人の私にはもはや分からなくなってきました。今後も、彼女の素晴らしい作品を見るのが楽しみです。

 

 - ピープル, ライフ